日日是研鑽

shigemooによる自己啓発を中心とした書評を綴ったブログです。

境野勝悟「超訳般若心経」に学ぶ【書評】

こんにちは。shigemooです。

今回は、境野勝悟さんの書かれた「超訳般若心経」を解読していきます。

以下、引用ーーーーー

あなたが、苦しみや悩みから解放されて、安らかで幸福な毎日を送りたいなら、般若心経にあるすごく簡単な修行をすれば、いい。

だんだん修業が深まると、なぁんだ、頭の中に記憶された善と悪の考えは、もとは、一切なかったんだと、頭の中をカラッと空っぽにすることができる。

「五蘊は皆空」だ。

頭に集まったゴチャゴチャの記憶を空にせよ・・・ということだ。

ちょっぴりでも、頭を空っぽにすると、新しく自分を安らかにする知恵が、ググーッと生まれてくる。

世の中でいう「ああだ」「こうだ」の価値判断も、絶対なものではない。

だから、たまには、社会や周囲から頭の中に入り込んだ価値観や、自分固有の癖や生活基準を、ポンとなくしてみる。

すると、もっともっとすてきで新鮮な人生が、さっと生まれてくる。

「諸法は空相」なのだ。

あなたは、緑色が気に入っている。

ピンク色は、どうも気にくわない。

ピンク色が、目の前にはばかる。

なんとか、どけようとする。

が、いっこうにどかない。

そこで、悩み始める。

その時、頭にあるピンク色は嫌いだという価値の記憶を、ふっと消したらどうか。

「あっ、ピンク色もいいもんだね」と思えるのだ。

「無意識界」は、変化変心の創造世界だ。

あなたはなぜ、苦しみ、悩むのか。

原因は、たったひとつ。

あなたの脳に記憶された、「いい」とか「悪い」とかの考えが、元凶だ。

だれもが、老いるのは、いやだ。

この「いやだ」という考えを捨てると、老いることが、いかに素晴らしいかが、わかってくる。

老いると、ものの味わいが深くなる。

ひかえめな老人の忠告は、冬の太陽の光である。

「無老死」だ。

老いることに、くよくよ文句をいわなくていい。

古代インドの僧が説いた「苦集滅道」という四つの真理や、「八正道」という八つの正しい道とか、そんなものは、みんな夢幻だ。

たとえば、「五戒」という五つのしてはならない決めごとの中に、「不殺生」がある。

生き物の生命を殺してはならない。

じゃ、明日から、肉も魚も野菜も食べられない。

「不邪淫戒」もある。

男女の肉体関係は、禁止だ。

こんな戒律を守ったら、人類の子孫は、絶えてしまう。

だから、般若心経は、そんな夢幻の現実にあわない古い仏教の教えから、遠く離れなさい・・・と、忠告する。

「一切の顚倒した夢想から遠く離れろ」と。

牛肉やお魚をいただく時には、生物の尊い命を「いただきます」と合掌して、感謝をしながら、「ああ、うまい」「まあ、おいしい」と、楽しく食べる。

生きているだけでも丸儲けなのに、愛する男女が、深く優しい情を交わして生きられるなんて、これこそ極楽なんだ。

なにかを禁止して生きるのではない。

すべてを活かして、あれこれこだわらず生き抜くことが、悟りの生活なのだ。

「阿耨多羅三藐三菩提(この上ない安らかで幸福な平和な心)を得よ」・・・と。

ああしなければならない。こうすべきである・・・、こんな倫理にしばりつけられた一生は、空しい。

自分の道は、自分で決めよ。

つねに、頭のこだわりをクリーンにして、自在に生きるには、坐禅もいいが手間がかかる。

なによりも、まず、真言を唱えることだ。

いつでも、どこでも真言を唱え、念じていると、既成の価値観が薄れる。

苦悩も去る。

そのうち、いつの間にか、ものにこだわらず、楽しく明るく自由自在に生きる知恵と力が、発生する。

嘘ではない。

真実だ。

「真実不虚」だ。

真言の力は、意味ではない。たくましい音の連鎖が、あなたを苦悩から救い、若い命を再現する。

その最上級の真言とは、これだ。

ギャテイ、ギャテイ、ハラギャテイ

ハラソウギャテイ、ボジーソワカー

これが、般若心経の真言だ。

繰り返せ、繰り返せ。

引用終わりーーーーー

印象に残ったのは、太字にした部分です。

「あなたはなぜ、苦しみ、悩むのか。

原因は、たったひとつ。

あなたの脳に記憶された、「いい」とか「悪い」とかの考えが、元凶だ。」

つまり、私たちは、既成の価値観、価値基準に囚われるからこそ苦しくなるのです。

悩むのです。

個人的には、これがわかって、だいぶ楽になりました。

最後までお読みいただきありがとうございました!